<カビについて>

<カビを知る>

「アレルギーを持っている方」「お肌の弱い方」にとって、手ごわ

い相手!カビを知ることが手ごわい相手に対抗する手段の一つです。

 

・カビが発生する環境

  湿度=60%程度で発生し、約80%以上になると増殖するが、

     水分が無ければ定着できない。

 

高温多湿の日本の夏は、カビにとっては天国、お掃除を怠るとあっ

という間にカビまみれ。アルミサッシが普及した住宅の密閉化は進み。

さらに、外気を取り入れずエアコンだけで温度調整をするため、

壁面は常に「結露現象」でぬれた状態です。掃除機をかけて吸い込

むことも可能ですが、掃除機本体の後部にある排気口からばらまく

ことになり逆効果です。したがって、固く絞ったぞうきんで拭き取

るのが一番確実です。

 

・カビの発生を防ぐ

  ○月に一度の割で定期的な大掃除を行い、カビの発生や発育の

   余地を与えない。

  ○室内の湿度は、夏冬にかかわらず40%~60%の湿度維持を目安

   とする。

  ○ホコリの中には必ずカビの胞子が含まれている。標準値で

   1立方メートルあたり12個。

  ○室内には、一日に3リットル~5リットルの水分が常に湿気と

   して存在します。

  ○石油ストーブなどじか焚き暖房機は使用した燃料と同じ量の

   水分を蒸発させている。

  ○部屋ごとに温度差があるとその境目に湿気が発生します。

  ○窓ガラスに触れるカーテンなどもカビの発生しやす場所です。

  ○台所、浴室、洗濯機の回転漕、観葉植物等は、カビの大量発生

   個所です。

  ○衣服や小物などが散らかっていると湿度を吸ったりしてカビ

   には最適な環境となります。

  ○押入れの中は、湿気がたまりやすいので炭、すのこや除湿機

   で湿気対策が必要です。

・カビが引き起こす病気

  ○足白癖

   カビが引き起す一番身近な病気が「水虫」、正しい名称は

   「足白癖」と言います。

  ○スポロトリクム症

   ミズゴケやバラの木に特異的に付着しているスポロトリクス

   ・シェンキイという腐生性糸状菌による病気。バラ愛好家は

    ご注意とのこと。

  ○肺アスペルギルス症

   麹菌として知られる有用なカビ「アスペルギルス属」の中で

   「フミガースツ」という真菌が肺に入ることで引き起こす病気。

   空気中に普遍的にみられるカビで長期療養やステロイド薬を

   常用している方に取りつくことが多いようです。

  ○クリプトコッカス症

   カビが引き起す最も恐ろしい病気。ハトの糞中に含まれる

   「クリプトコッカス・ネオホルム」というカビが引き起す

   病気です。ハトの群れに近づいて、一斉に飛び立つときに

   糞の微細片を巻き上げ、これを吸い込むと危険です。

   特に乳幼児にご注意ください。